:: admin ::: NewEntry ::

--.--/-- *--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水の証v.s暁の車

2007.09/26 *Wed*
水の証
演唱:田中理惠
作詞:梶浦由記
作曲:梶浦由記

水の中に夜が揺れてる
哀しいほど静かに佇む
緑成す岸辺
美しい夜明けを
ただ待っていられたら
綺麗な心で
暗い海と空の向うに
争いの無い場所があるのと
教えてくれたのは誰
誰もが辿り着けない
それとも誰かの心の中に

水の流れを鎮めて
くれる大地を潤す調べ
いまはどこにも無くても
きっと自分で手に入れるの
いつも、いつか、きっと

水の証をこの手に
全ての炎を飲み込んで尚
広く優しく流れる
その静けさに辿り着くの
いつも、いつか、きっと
貴方の手を取り……


夜色在水波中搖動
波瀾不驚的寂靜令人神傷
樹成蔭的岸邊
絢美的黎明
只要耐心等待
用純潔的心靈
灰暗的海空的對岸
有處沒有爭鬥的沃土
是誰向我訴說無人能夠抵達那裡
或是存在於誰的心中

為滋潤那平息水流湧動的大地所作之曲
即使現在已不在人間
也一定能夠憑借自己的雙手獲得
無論何時,總有一天,一定……

握著水之證
忍受這一切艱難困苦廣地,
溫柔地流淌著
到達那寂靜的對岸
無論何時,總有一天,一定
牽著你的手……



歌如其名,水般溫柔的一首歌,水波般溫柔盪漾。
尤其襯著這烽火連天的動蕩大時代、襯著這廢墟似的歌劇院,水銀燈下獻唱的衣少女,幽婉哀傷卻堅定的歌聲似向沉溺仇恨飽受戰亂蹂躪的大眾、朝著遙遠的一方呼叫著,即使不看歌詞,也覺得這是首厭戰反戰呼籲和平的一首歌,不概是L女神的和平之歌(笑)
很喜歡這首歌,慘烈的戰爭裡,這樣的歌特別傷感,也特別溫柔,撫慰著傷痕累累疲憊不堪的人心。





暁の車
演唱:南里侑香
作詞:梶浦由記
作曲:梶浦由記
編曲:梶浦由記

風さそう木蔭に俯せて泣いてる
見も知らぬ私を私が見ていた
逝く人の調べを奏でるギタ-ラ
来ぬ人の嘆きに星は落ちて
行かないで、どんなに叫んでも
オレンジの花びら静かに揺れるだけ
やわらかな額に残された
手のひらの記憶遥か
とこしえのさよならつま弾く

優しい手にすがる子供の心を
燃えさかる車輪は振り払い進む
逝く人の嘆きを奏でてギタ-ラ
胸の糸激しく掻き鳴らして

哀しみに染まらない白さで
オレンジの花びら揺れてた夏の影に
やわらかな額を失くしても
赤く染めた砂遥か越えて行く
さよならのリズム

想い出を焼き尽くして進む大地に
懐かしく芽吹いて行くものがあるの

暁の車を見送って
オレンジの花びら揺れてる今も何処か
いつか見た安らかな夜明けを
もう一度手にするまで
消さないで灯火
車輪は廻るよ


隨風起舞的樹蔭下俯面而泣
望著那素不相識的自己
吉他為逝去之人而奏起
流星為不歸之人歎息
別離我而去
如此竭力呼喊
卻只換來
橘黃花瓣靜靜搖蕩
留在稚嫩臉龐上的、存於掌心中的記憶已漸遙遠
指間奏出永恆的離別

依附在溫柔臂腕上的孩童之心
被呼嘯的車輪無情拋開
吉他彈出逝人輕歎
撥弄心中之弦難以靜酣

未染哀傷的白潔之上
搖擺著橘黃花瓣的夏日之影久不消散
即使稚嫩的臉龐已經不再
也會穿越那被夕陽染紅的沙灘
離別的旋律

燃盡所有回憶
前行的大地上
往日的東西正堅強成長

目送拂曉的列車
橘黃的花兒今日又在何處搖蕩
曾幾何時的那片黎明再次回到手中之前
不要熄滅這燈火
車輪 轉啊



相比《水の証》的似水溫柔,《暁の車》就是火般激烈,恍若赤烈夕陽燃燒的荒漠,延綿出一股蒼茫雄渾之美;《水の証》是撫慰人心呼喚和平之歌,那《暁の車》就是戰鬥之歌。似乎這是卡卡的印象曲,但我一直也是將它當成AC之歌,畢竟這首歌第一次出現時就是AC第一次見面之時!聽著《暁の車》,很容易就會想起無人島上那晚,火堆躍動,阿斯蘭與卡卡為各自的理念毫不退讓地對峙,卻又不自覺被對方吸引。

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © Vagare la luna All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: HELIUM  ・・・ 
12
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

百寶箱


淘金沙


門牌

  • 本部
  • 最佳瀏覽效果,請
  • 內有女性向內容,慎入。
  • 所有尺度超過的文章,一律鎖密。
  • 密碼是兩個大寫英文字母。


Actually, I'm here Orz


流沙在指縫偷溜

☆勤勞獎勵日
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


洛晴

Author:洛晴
我是對地球環境適應不良的兔星人。
直至今天,依然找不到自己明確的方向。


新一頁千言萬語


博士的索引目錄

  • 花匣子


你與我剪燭西窗語


文字標記

女性向 BL 龍馬 網王 已經花開 十字路口的梔子花 手塚 跡部 不二 靈異 蝴蝶誌異 推理 2010春番 2010冬番 龍騎士 京極堂系列 海貓 偵探伽俐略 魍魎之匣 2010夏番 西澤保彥 化物語 言情 


最近のトラックバック


MERO之家


停留的旅人腳步

現在の閲覧者数:


古跡上的杳渺足跡


フリーエリア


RSSフィード


門外世界

管理者專用

このブログをリンクに追加する


數據定向


フリーエリア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。